ヴァイオリニスト田久保友妃のブログ「四絃弾き。」

関西を中心に演奏活動をしているヴァイオリニスト。クラシックからジャズ・歌謡曲まで幅広いレパートリーを持つ。2015年からヴァイオリン独奏作品を紹介することと、リクエストタイムなどを設けて“プロの生演奏を身近に”をモットーに「ヴァイオリン独演会」を続けている 。

雑感

いた(ΦωΦ)

衣装をコーディネーターさんに選んで頂くために、ある日朝から衣装を全部引っ張り出して取っ替え引っ替え写真に撮っていました。 そしたら 写り込んでた(ΦωΦ) YukiTAKUBO; Violine

上桂の桜

打ち合わせで阪急上桂駅で降りました。 この駅は桜並木に沿ってホームが伸びていて、新卒の頃この辺りの音楽教室に勤めていたのですが春は帰り道に電車を待ちながら夜桜が楽しめました。 【ひさかたの光のどけき春の日にしづごころなく花の散るらむ】 と、思…

「オーケストラの少女」観ました

「北京ヴァイオリン」のお返しに「オーケストラの少女」のDVDをお借りしました。 1937年のユニバーサル映画。 失業中のトロンボーン奏者の父にもう一度演奏させるため、彼の娘がオーケストラを作るために誠実な熱意とユーモアと天性の歌声を武器に東奔西…

連連と

年始から、何となしに着物気分が続いています。着物を一日着るとなると、事前に準備もし、着た後は風に通して畳んで…と触れる機会が多くなります。高価なものや大したものを持っている訳ではないのですが、(京都人だけど、本当に期待されるようなものは何も…

技が好き

文庫革のがま口を購入しました。うっとり☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆こちらは「文庫革」と呼ばれる、革に模様を型押しし、一筆ずつ彩色した後錆入れという技法で金色を入れたもの。一つ一つ手作業の、伝統の技法だそうです。購入したショップ、「大関」さんは創業…

気持ちも新たに

パーソナルカラー診断、最近ブログで良く見かけます。生まれ持った肌や瞳の色から、その人に似合う色合いを4タイプに分けて診断してくれるもの。私も母もずっと興味があり、今年の私の誕生日プレゼントとして大丸松坂屋さんで一緒に診断してもらいました。私…

じっちゃんのこと

今月、母方の祖父母に会いに高知に行ってきました。 子供の頃の夏休みは半分くらい? をこの祖父母宅で過ごし、都会育ちの子供だから虫や外にあるトイレに夜行くのが怖くて…という記憶はありますが、今思えば緑の中の良い環境で夏を過ごしていたんだなと思い…

ねじ10 〜異世界に紛れ込んできました〜

お友達に誘って頂き、「ねじ10」という公演を観てきました。フラメンコダンスと、カント、ヴァイオリン、コントラバスという編成で、フラメンコのショーだと思い込んでいたのですが、何と表現したら良いのか、一時間の異空間体験でした。会場。なんだか普通…

軸足について悩む

こんばんは。 軸足について、最近分からなくなってしまいました。 ヴァイオリン演奏においては、子供の頃は左足を軸足に立つと教わりました。 人間工学的な奏法を得意とするドイツの先生には、「両足は平行に開いて両方でまっすぐ立つの! 片足に重心は体が…

真っ赤っか

京都では五山送り火も過ぎ、少し暑さも和らいだかのようなこの所。 土曜日に、この夏の自分への宿題が一段落したので、日曜日は精神充電と銘打って京都・鳥羽高校の戦う甲子園球場へ。 黄色い球団以外で初めて来ました。 何やら連日の満員だとか、券売は一キ…

8時半の女

こんばんは、8時半の女、四絃弾き。です。 これが言いたいがために毎日の更新を20時半に設定しています。 元々、私が毎日愛読していたブログは定時更新されている方が多く、いつか私も影響を受けて前のアメブロではおやつの時間の15時などにしていまし…

枕元の「好き」

「人は、人生の最初の10年で行ったことを生涯愛し、行うだろう」という、ハンス・カロッサの言葉が好きです。私が今好きな物事のほとんどは、やっぱり最初の10年にも好んでしていたな、と思えることが多く懐かしむこともあり…ヴァイオリンも6歳で始めました…