ヴァイオリニスト田久保友妃のブログ「四絃弾き。」

関西を中心に演奏活動をしているヴァイオリニスト。「生演奏を身近に」をモットーに、バッハのシャコンヌなどクラシックのヴァイオリン独奏からジャズまでの幅広いレパートリーを活かした「ヴァイオリン独演会」シリーズを全国各地で展開中。2017年ソロアルバム「Around the World」リリース。

田久保友妃のプロフィール

四絃弾き。のあれやこれや(2018年12月現在)

 

ヴァイオリニスト田久保友妃のプロフィール

 

f:id:yuki-violine:20150802185224j:plain

 

京都市出身。大阪音楽大学音楽学部器楽学科卒業、卒業後は現在まで同大学演奏員。阿部京子、橋本寿子、林泉、宗倫匡の各氏に師事。2005、2006年度明治安田生命クオリティオブライフ奨学生。卒業後もウィーン音楽ゼミナール、ライプツィヒ音楽大学、武生国際音楽アカデミー、オーベルストドルフ音楽祭、ウクライナ国際など各種マスタークラスを受講し研鑽を続けている。第53回なにわ藝術祭新進音楽家競演会出演。第18回九州音楽コンクール金賞および最優秀賞受賞。第10回全日本芸術コンクール関西本選最高位。第20回“万里の長城杯”国際音楽コンクール第一位および中華人民共和国駐大阪総領事賞受賞。第19回大阪国際音楽コンクールでは2つの部門にわたりエスポアール賞受賞。2013年高谷光信指揮にてカバレフスキーのヴァイオリン協奏曲を、2015年ニコライ・スーカッチ指揮にてハチャトゥリアンのヴァイオリン協奏曲をそれぞれチェルニーゴフフィルハーモニー交響楽団ウクライナ)と共演。ソロ、室内楽、オーケストラ、ジャズの各方面で幅広く活動。また2015年からヴァイオリン独奏作品を紹介することと、リクエストタイムなどを設けて“生演奏を身近に”をモットーに「ヴァイオリン独演会」を展開し、ライブハウス・カフェ・寺院・各種病院福祉施設などでの音楽会を続けている。その活動の一環として地下鉄をはじめ、コンサートホールに限らない場所でバッハのシャコンヌを演奏することをライフワークとして取り組んでおり、その活動は「駅に響く最高のバッハ」として京都新聞にも掲載された。2017年には4-strings recordsよりソロアルバム「Around the World」をリリース。TSUNAMI VIOLIN~千の音色でつなぐ絆プロジェクト~第545番奏者。

 

yuki-violine.hateblo.jp

 

活動歴

2003年4月 大阪音楽大学短期大学部音楽科器楽専攻入学、林泉氏に師事

2004年11月 大阪音楽大学ジュニア・カレッジ・ソロ・コンサートに選抜、出演

2005年3月 大阪音楽大学短期大学部を首席で卒業、卒業演奏会に出演

2005年4月 大阪音楽大学音楽学部器楽学科弦楽器専攻三年次編入学、林泉、宗倫匡の各氏に師事

2005年4月 明治安田生命クオリティオブライフ奨学生に選出(2年間)

2006年8月 大阪音楽大学短期学外研修制度に合格、ウィーン音楽ゼミナール夏季国際コースに留学、アレキサンダー・アレンコフ氏のレッスンを受講

2007年3月 大阪音楽大学卒業

2007年8月 Euro Music Festival Leipzigに参加、ザブリナ=ヴィヴィアン・ヘフカー氏のレッスンを受講

2007年より、「テオフィール室内合奏団」を主宰

2007年10月 大阪音楽大学演奏員に合格

2008年9月 第4回武生国際夏季アカデミーに参加、シュテファン・ピカール氏のレッスンを受講

2009年3月15日 第11回“万里の長城杯”国際音楽コンクール【弦楽器部門一般の部A第6位】

2009年9月 「大阪音楽大学卒業生による若い芽のコンサート」での共演をきっかけに、「テオフィール室内合奏団」からフルート・ヴァイオリン・サクソフォーン・ピアノによるカルテット「アンサンブル・テオフィール」を新たに結成

2010年8月 第18回ドイツ・オーベルストドルフ夏季講習会に参加、エッカルト・フィッシャー氏のレッスンを受講

2010年8月  ウィーン音楽ゼミナール夏季国際コースに参加、終了演奏会に選抜出演

2011年8月  第19回ドイツ・オーベルストドルフ夏季講習会に参加、終了演奏会に選抜出演

2012年8月  第20回ドイツ・オーベルストドルフ夏季講習会に参加

2012年8月  ウィーン音楽ゼミナール夏季国際コースに参加、終了演奏会に選抜出演

2013年7月26日 ウクライナにてチェルニーゴフフィルハーモニーオーケストラ(指揮:高谷光信)とカバレフスキーの協奏曲を共演

2014年1月より、3年間に渡り「ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ全曲演奏会」を開催

2014年2月24日  MBS主催「ならピ!#2」オーケストラメンバーとして出演、松下奈緒氏と共演

2014年11月30日  MBS主催「ならピ!#3」オーケストラメンバーとして出演、服部隆之氏、レ・フレールと共演

2015年1月24日 日本基督教団東梅田教会にてアンサンブル・テオフィール結成5周年記念公演「Shall we Theophilus?」開催

2015年7月17日 ウクライナにてチェルニーゴフフィルハーモニーオーケストラ(指揮:ニコライ・スーカッチ)とハチャトゥリアンの協奏曲を共演

2015年10月4日 京都府民ホールアルティにて「田久保友妃・等デュオリサイタル ~クラシックからジャズへ~」開催

f:id:yuki-violine:20180510170318j:plain

 

2015年10月10日 第16回大阪国際音楽コンクール入選【弦楽器部門Age-G】

2015年11月7日 「ヴァイオリン独演会」第一回開催

2016年1月31日 MBS主催「ならピ!#4」オーケストラメンバーとして出演、サラ・オレイン村松崇継各氏と共演

2016年3月20日 第18回九州音楽コンクール【弦楽部門一般クラス金賞・最優秀賞】

2016年5月25日 第53回なにわ藝術祭新進音楽家競演会【器楽の部】出演

2016年8月5日 第10回全日本芸術コンクール関西本選【音大部門第二位(一位なし)】

2016年9月3日 MBS主催「萬福寺音舞台」特別オーケストラメンバーとして出演、村治佳織村松崇継、キャサリンジェンキンス各氏と共演

2016年10月8日 第17回大阪国際音楽コンクール入選【弦楽器部門Age-G】

2016年11月12日 第5回新潟ジャズコンテスト【プレイヤー部門】ノミネート

2016年12月24~25日 大植英次プロデュース「第4回威風堂々クラシックin広島」出演

2016年12月28日 第3回全日本芸術コンクール全国大会【音大部門第五位(一位なし)】

2017年3月11日 京都国立博物館120周年記念コンサートに出演、Ray Iwazumi、佐久間聡一各氏と共演

2017年3月23日放送 「山村美紗サスペンス・狩矢父娘シリーズ18 京都~神戸プロポーズ殺人事件」にジャズバンドとして出演

2017年3月26日 第19回“万里の長城杯”国際音楽コンクール【弦楽器部門一般の部A第2位(1位なし)】

2017年6月5日 客船「ぱしふぃっくびいなす」船上演奏デビュー

2017年10月5日 第18回大阪国際音楽コンクール入選【リサイタルコース】

2017年11月22日 ファーストソロアルバム「Around the World(YTVS-0001)」リリース

2018年1月5日 秋篠音楽堂アーティスト賞ノミネート

2018年3月11日 TSUNAMI VIOLIN~千の音色でつなぐ絆プロジェクト~545番奏者

2018年3月11日 第20回“万里の長城杯”国際音楽コンクール【弦楽器部門一般の部A第1位・中華人民共和国駐大阪総領事賞】※併せてピアニストが優秀伴奏者賞受賞

2018年4月22日 青山音楽記念館バロックザールにて「(公財)青山財団助成公演)田久保友妃ヴァイオリンリサイタル」開催

f:id:yuki-violine:20180401191218j:plain

2018年10月3日 第19回大阪国際音楽コンクール【コンチェルトオーディション部門】エスポアール賞受賞

2018年10月7日 第19回大阪国際音楽コンクール【弦楽器部門Age-G】エスポアール賞受賞f:id:yuki-violine:20181009174451j:image

 2018年12月7日 シャコンヌの演奏活動が「駅に響く最高のバッハ」として京都新聞夕刊(吉永周平筆)に取り上げられる

 

ソロアルバムリリースしました(2017年11月)

f:id:yuki-violine:20171216202421j:plain

クラシックから歌謡曲・ジャズまで音楽古今東西世界一周♪

通販でも買えます。(送料無料キャンペーン中♪)

 

 

四絃弾き。の職場いろいろ

ameblo.jp

 

学校法人 大阪音楽大学(大阪音楽大学短期大学部)

 

www.geocities.jp

※ふら~っとホームには毎週火曜・木曜21時~24時まで出没。セッションホストから生バンドカラオケまで務めます!

 

四絃弾き。の得意なこと

ヴァイオリン一本で何でも弾きます「ヴァイオリン独演会」についてはこちらを参照。

yuki-violine.hateblo.jp

 

 

2015年に第一回「ヴァイオリン独演会」を開催してから、自主企画ライブのみならず、船上・ピアノのないカフェ・寺院・病院などさまざまな場所で展開してきました。

 

独奏の強みは

・出演料が一人分で済むこと

・スケジュール調整がしやすいこと

・リクエストにも応えやすいこと

 

これまでに多数の出張演奏にもヴァイオリン独奏で出演しましたが、「ヴァイオリンの優しい音を楽しめた」「思い出の歌謡曲、まさかプロの生演奏で聴けるなんて」「クラシックからジャズまでなんでも聴けて満足」「お喋りや参加企画も面白かった」とご感想頂いております。またリピート率が高いのが自慢です。

 

BGMやメインのショーだけでなく、お客様に参加して頂く企画もできますので余興としても。色々バリエーションあります、ご相談ください。

 

ヴァイオリンは湿気や直射日光に弱いデリケートな楽器ですが、様々なシチュエーションに生演奏を提供したいという思いから、サブ楽器や専用マイクとスピーカーもご用意しております。野外などの演奏環境にも殆ど対応できます。

 

また、ステージの衣装はドレスはもちろん、中性的なスーツから和装(舞台らしい訪問着・大正モダンな袴・夏着物など色々あります)まで対応できます。

京都出身在住のヴァイオリニストによる着物での演奏はご好評いただいております。

外国の方に日本らしさをアピールするのにも。簡単な英語とドイツ語での曲目紹介が可能です。

 

f:id:yuki-violine:20150802195510j:plain

f:id:yuki-violine:20150705115525j:plain

料金は3万円より。内容によりご相談に応じます。遠方の方もお問合せ下さい。

 

福祉演奏・ボランティアにも

高齢の方の思い出に寄り添うレパートリー、多数あります。

デイサービスや入居施設でのレクレーションはお任せください。

福祉演奏は特別料金(1万円と交通費)となっております。

f:id:yuki-violine:20170708101512j:plain

 

 

四絃弾き。のレッスン

演奏活動に最も重きを置いているため、レッスンのみの曜日や日時というのは設けていません。

基本的に、京都市内の自宅レッスンのみ開講しています。

初心者・アマチュアから音大受験生まで広く対応。

大阪音楽大学の受験生には、卒業生による推薦制度(幸楽会特別推薦)を適用することも可能です(実績あり)。

無理にとは申しませんが、効率を重視した結果、

・音階

エチュード(特別な必要がない限りクロイツェル42を使用)

・上二つの基礎で奏法に集中し、楽曲は余計なことを考えず楽しく弾く

というスタイルを提唱しています。

事情により指定教室まで出向けないという方には、交通費別途相談の上出張も致します。

1時間4000円、回数や期間を限定しないフレックス制のみ。ちょっとだけ奏法を相談したい・ライブ前の手直しをしたい等、1回限りのレッスンも歓迎です。

 

四絃弾き。の今後の予定

 

yuki-violine.hateblo.jp

 

 

四絃弾き。にご用の際は

y.u.k.i.s.t.a.k.u.b.o☆gmail.com

(☆をアットマークに)

 

 

ブログ「四絃弾き。」はにほんブログ村に参加しています。

※参加カテゴリーを「クラシックブログ・ヴァイオリン」に統一しました。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

 

YukiTAKUBO; Violine