ヴァイオリニスト田久保友妃のブログ「四絃弾き。」

関西を中心に演奏活動をしているヴァイオリニスト。クラシックからジャズ・歌謡曲まで幅広いレパートリーを持つ。2015年からヴァイオリン独奏作品を紹介することと、リクエストタイムなどを設けて“プロの生演奏を身近に”をモットーに「ヴァイオリン独演会」を続けている 。2017年11月ファーストソロアルバム「Around the World」リリース。

いつまでも現役でいる秘訣?【2016.06.26】神戸文化ホール

神戸土曜会合唱団第60回定期演奏会で、オーケストラのコンセール・オルタンシアに乗せて頂きました。

神戸土曜会合唱団は今年で創立70周年を迎える歴史ある合唱団です。戦後間もない時期でしょうか? 神戸が音楽の街として栄えている背景には、物質的に乏しかった時代から続くこうした心の豊かな歴史がたくさんあるお陰、そんな理由もあるのかなぁと思わされます。


モーツァルトの戴冠ミサにリタニア、ハイドンのテ・デウムというプログラムだけでもワクワクでしたが、今回何より楽しみだったのが…

こちらの方との再会。

f:id:yuki-violine:20160626170203j:image
指揮者の松尾昌美先生です。

松尾先生は私が大阪音楽大学に入学して、初めてオーケストラというものを経験した時の指揮者であり指導者でした。

一年間、ビゼーアルルの女ベルリオーズ幻想交響曲レスピーギのローマの松など…たくさんの曲と、その中で演奏する楽しみを教えてくれた方でした。

その年度を持って退官されてしまったのですが、今回12年振りの再会となりました。

以前と全く変わらない優しい穏やかな笑顔にぴしっと伸びた背筋、御年81歳とは思えないお姿でした。

本当に12年前にタイムスリップしたかのようで、じーんと感激。

そして、「立ってると軟骨が痛くてね〜」と言いながらも全然しんどそうではないニコニコ笑顔。

「またまた〜」と信じられない私。

もちろん本番もびしっと立奏で振っておられました。

いつもニコニコした穏やかな性格に、音楽への飽くなき探究心と、しんどいより何より演奏会へ向けて準備していくことが楽しくて仕方のないような様子。

これらが元気の秘訣なのかな?

と感じ、私もぜひこんな80代になってニコニコと演奏を続けたいな、と一つまた目標が増えました。


YukiTAKUBO; Violine