ヴァイオリニスト田久保友妃のブログ「四絃弾き。」

関西を中心に演奏活動をしているヴァイオリニスト。かねてから力を入れていたヴァイオリン独奏の可能性を自由度の高いプログラムに構成した「ヴァイオリン独演会」シリーズを2015年からライフワークとして続けている。出演情報と、音楽について、また練習方法公開など。

ヘアドネーションで

断髪しました。

f:id:yuki-violine:20160703212949j:image

ここ数年はずっとロングヘアでしたが、昨年最後に毛先のカットをしてから「次は寄付しよう」と密かに決めていました。


f:id:yuki-violine:20160703213019j:image
こちらはbefore。
三つ編みにしていたので編みグセで縮んでいますが、まっすぐに伸ばしてウエストまでありました。人生最長。

夏に向け、タイミングも良いと感じて決行です。

 

ヘアドネーションに対応している京都市内の美容室、

リノヘアーデザイン・Lino Hair|京都・河原町・御池の美容室

でお願いしました。

 

ヘアドネーションとは、「31センチ以上の髪の毛」を寄付で募り、病気やケガなどが原因で髪に悩みを持つ18歳までの子供さんに医療ウィッグを無償で贈るという活動をNPO法人JHDAC」さんがされているものです。

 

私の知人でも、男性で過去に髪の寄付をされた方があり、「本で読んだことあったけど、実際に寄付できるんだ!」と知ったのです。

 

ヘアドネーションは、提携美容院を通さなくても自分で送ることも可能ですが、長さが正確に充分かどうか、また毛束のまとめ方などに規定もあるので、私は今回リノヘアーさんにお願いしました。

担当してくださったのは代表の佐合外士己さん。

寄付できる状態に切られた髪をちゃんと見せてくださったり、ばっさり切った上での形をどう整えるかなど、行きとどいた気遣いと細やかな技が光っていました^^

f:id:yuki-violine:20160703213159j:image

髪はこんな風にまとめられ、ある程度の数が揃ったら美容院からJHDACへ発送されるようです。


扱いやすい髪型にして頂いたので、もしかしたら気に入ってしばらくショートボブを楽しむかもしれませんが、数年後にロングヘアになっていたらまた寄付したいです。


YukiTAKUBO; Violine