ヴァイオリニスト田久保友妃のブログ「四絃弾き。」

関西を中心に演奏活動をしているヴァイオリニスト。クラシックからジャズ・歌謡曲まで幅広いレパートリーを持つ。2015年からヴァイオリン独奏作品を紹介することと、リクエストタイムなどを設けて“プロの生演奏を身近に”をモットーに「ヴァイオリン独演会」を続けている 。2017年11月ファーストソロアルバム「Around the World」リリース。

仙台に行ってきました。と、DIY

週末、音大時代の友人の結婚式に招かれ初めて仙台を訪れました。


f:id:yuki-violine:20170327154638j:image

 

国宝の大崎八幡宮での挙式は神聖な空気に身が引き締まる思いで、こんな厳粛な挙式も素敵だなあと思いました。

 

車窓から見た仙台の街は、やはり新しい建物が多く感じましたが、立っている木々の一本一本が震災を乗り越えてきたのだと思うと、力強さも感じました。

まだまだ爪痕は根強いのだとは思いますが、街中には活気も溢れ、友人やそのお友達もどんどん前を向いている感じがします。

 

ウェディングパーティでは演奏もさせて貰い、偶然選んだ曲が新郎新婦に深い縁のある作曲家のもので、「奇跡!」と喜び合いました。

 お祝いの気持ちを伝えるのに、演奏という方法が一つ自分にあることを喜んだ一時。

 

IちゃんEさんこの度は本当におめでとうございました。

お二人の大切な土地に招いて頂いて、その地で晴れ姿を見られたことがとても嬉しかったです。

末永くお幸せに!

しっかりしていて一本芯が通っているのに、時間の勘違いだけはお揃いで披露してくださったお二人はとってもお似合いで微笑ましいです笑

仙台は寒かったけど食べ物も空気も美味しく、人も親切で快適に過ごしました。

またぜひ仙台で会いましょう。

 


f:id:yuki-violine:20170327154250j:image

空港へ向かう駅。朝一番とはいえ、駅に一人きり、なんて久々の経験。

 

f:id:yuki-violine:20170327154316j:image


f:id:yuki-violine:20170327154326j:image

朝焼けがとてもきれいだった。

 

 ☆

 

それで、翌日は午前中に尼崎で本番があったので朝一番の飛行機で伊丹へトンボ返り。

往路は快適だったのですが、復路は本番の緊張もあったのか少し酔ってしまい、何とか着陸した瞬間ですが髪留めがパチンと弾け飛んで壊れてしまいました;

 

我が家では昔から、ちょっとしたトラブルや大事なものが壊れてしまった時、「厄払いになった」と言って育ってきました。

なので、今回も飛行機の旅から守ってくれたのかなあ、なんて思っています。

 

f:id:yuki-violine:20170327154335j:image

修理したかったのですが、メーカーの保証期限が過ぎていたので自分でヘアゴムにDIYすることにしました。

子供の頃好きだったビーズ細工を思い出しつつ、元々の形をよく見ながら編み方を考えて試行錯誤。

ちょっと気に入っています(*^_^*)

 

 

YukiTAKUBO; Violine