ヴァイオリニスト田久保友妃のブログ「四絃弾き。」

関西を中心に演奏活動をしているヴァイオリニスト。クラシックからジャズ・歌謡曲まで幅広いレパートリーを持つ。2015年からヴァイオリン独奏作品を紹介することと、リクエストタイムなどを設けて“プロの生演奏を身近に”をモットーに「ヴァイオリン独演会」を続けている 。

デザインの力

あかしあ船中日誌でもちょっと紹介していた、ヴァイオリン独演会のロゴマーク

 

完成です♪

f:id:yuki-violine:20170902194248j:image

 

デザインは、2015年のふら〜っとホーム30周年記念リサイタル、来年のソロリサイタルのチラシデザインに引き続き、高校時代からの長い付き合い、矢島杏美さん。

 

今回のオーダーは彼女にだからこそできた内容でした。

悩める10代の頃をお互いに知っていて、だから遠慮なく考えていることを話せる仲。

 

今年の夏のヴァイオリン独演会にも来てくれたので、そのイメージを共有した上で、(こんな存在のロゴが欲しい)と相談して。

 

ヴァイオリンを入れて、朱色のイメージカラーで、というのは私の最初のイメージだったのですが、

 

「妃さんの横顔入れてみるのは?」というアイデアを彼女が出してくれて、このロゴが出来ました。

 

f:id:yuki-violine:20170902194325j:image

 

横顔って自分では見ないので、思いつきもしませんでした。

 

でも、このロゴが出来てから自分の演奏活動に自信がある持てるようになって、広報活動が楽しくなりました。

 

独演会という、自由ではあるけど心細い所もある演奏会。

妙に自信のない所があった以前の私ならなかなかお客様にご案内しにくかったと思うのですが、このロゴに背中を押されて、いつの間にか自分の演奏活動の中で一番の自信商品になってきました。

 

一つの演奏会の準備をしている内に次から次へとやりたい企画が浮かんできて、アイデアを書き留めてまとめているとちょうど「演奏して貰えませんか?」とお話があって、その中にちょうどぴったりな企画があって、それをちょっとご依頼に合わせて手直しして、そこからまたアイデアが…。

 

もちろん、アンサンブルもやっていますし力入れています。

 

でも、独演会は最も身近なプロの生演奏でありたい。

そんな思いで日々レパートリー研鑽と、新しい楽しい企画やプログラム構成を考えています。

 

身軽さを活かして音楽以外の、たとえば絵画・料理・着物なんかとのコラボレーションもこれから展開しますのでお楽しみに♪

 

 

 

YukiTAKUBO; Violine