ヴァイオリニスト田久保友妃のブログ「四絃弾き。」

関西を中心に演奏活動をしているヴァイオリニスト。「生演奏を身近に」をモットーに、バッハのシャコンヌなどクラシックのヴァイオリン独奏からジャズまでの幅広いレパートリーを活かした「ヴァイオリン独演会」シリーズを全国各地で展開中。2017年ソロアルバム「Around the World」リリース。

無伴奏シャコンヌの記録

我がヴァイオリン人生の最終目標、バッハの無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータ全6曲。

中でも一番大きな存在、パルティータ第二番終楽章のシャコンヌを、ひたすら弾き続けることで追及しています。

 

その記録。随時更新♪

100回・100会場での演奏を目指してます。 

f:id:yuki-violine:20180312111458j:plain

一番忘れられない、TSUNAMIヴァイオリンで演奏したシャコンヌ

 

2016年6月15日(日)ふら~っとホーム(京都)シューマンによるピアノ伴奏付き(ピアノ:伊賀美樹子)

2018年2月14日(水)円々庵(京都)ヴァイオリン独演会「Around the World」

2018年3月11日(日)ふら~っとホーム(京都)TSUNAMIヴァイオリン独演会

2018年4月1日(日)京都市サブウェイパフォーマーvol.01/02(烏丸御池A・市役所前)

2018年4月11日(水)京都市サブウェイパフォーマーvol.03(市役所前)

2018年4月20日(金)京都市サブウェイパフォーマーvol.04(烏丸御池B)

2018年5月4日(金)京都市サブウェイパフォーマーvol.05/06(烏丸御池A・市役所前)

2018年5月12日(土)珈琲館もりやま(滋賀)ヴァイオリン独演会「Around the World」

2018年5月23日(水)芸術文化センター練習室(豊中市)某試演会にて10年ぶりに

2018年6月3日(日)京都市サブウェイパフォーマーvol.07/08(烏丸御池A・市役所前)

2018年6月10日(日)京都市サブウェイパフォーマーvol.09(烏丸御池A)

 

2018年6月25日(月)F.ノボトニー先生マスタークラス(灘区民ホール)

2018年7月10日(火)京都市サブウェイパフォーマーvol.10(烏丸御池A)

2018年7月18日(水)京都市サブウェイパフォーマーvol.11(烏丸御池B)

2018年7月21日(土)京都市サブウェイパフォーマーvol.12(烏丸御池B)

2018年7月21日(土)大阪国際音楽コンクール地区本選(神戸女学院

2018年7月22日(日)第20回“万里の長城杯”国際音楽コンクール受賞コンサート(ライティホール)

2018年7月29日(日)京都市サブウェイパフォーマー+1(市役所前)

2018年7月29日(日)ふら〜っとホーム

2018年7月30日(月)京都市サブウェイパフォーマー+1(烏丸御池B・市役所前)

2018年7月31日(火)ふら〜っとホーム

 

2018年8月5日(日)京都市サブウェイパフォーマーvol.13(烏丸御池B)

2018年8月5日(日)いずみ会研究発表会(夙川公民館ホール)

2018年8月9日(木)京都市サブウェイパフォーマーvol.14(市役所前)

2018年8月18日(土)京都市サブウェイパフォーマーvol.14(烏丸御池A)

2018年8月20日(月)京都市サブウェイパフォーマー+1(烏丸御池A)

2018年8月26日(日)Salon de Musique KANMAKI

2018年9月7日(金)京都市サブウェイパフォーマーvol.16(市役所前)

2018年9月12日(水)京都市サブウェイパフォーマーvol.17(烏丸御池A)

2018年10月23日(火)京都市サブウェイパフォーマーvol.18(烏丸御池A・B)

 

2018年11月11日(日)京都市サブウェイパフォーマーvol.19(烏丸御池B)

2018年11月20日(火)マキノ・サロンリサイタル

2018年11月23日(金)京都市サブウェイパフォーマーvol.20(烏丸御池A)

 

 

f:id:yuki-violine:20180827101604j:plain

 

f:id:yuki-violine:20180710183314j:plain

 

f:id:yuki-violine:20180512193732j:plain

f:id:yuki-violine:20180304174439j:plain

f:id:yuki-violine:20180108125957j:plain

 

2018年だけで30回以上弾くことになるとは。

その中で感じたのは、自分だけでなく、お客様の反応も十人十色であるということ。

 

多分、タイスの瞑想曲をエキサイティングなエンターテインメントとして鑑賞する人はいないでしょうし、ツィゴイネルワイゼンを聴いて眠りにつく人も稀だと思うのですが…

 

シャコンヌは、BGMとして聴き流す人もいれば、ヴァイオリンの超絶技巧として息を呑む人もいれば、宗教的な気高さを感じる人もいれば、エンターテインメントを感じる人も、また意外と多かったのが映画『無伴奏シャコンヌ』の音楽、として聴いている方も。 

 

それが面白くて、コンサートホールだけでない色々な場所での演奏が続けられるんだなぁ、と思っています。