ヴァイオリニスト田久保友妃のブログ「四絃弾き。」

関西を中心に演奏活動をしているヴァイオリニスト。「生演奏を身近に」をモットーに、バッハのシャコンヌなどクラシックのヴァイオリン独奏からジャズまでの幅広いレパートリーを活かした「ヴァイオリン独演会」シリーズを全国各地で展開中。2017年ソロアルバム「Around the World」リリース。

「うちのセバスチャン」ケーテン案内

f:id:yuki-violine:20190715005756j:image

さあ、
f:id:yuki-violine:20190715005749j:image
という訳で、
f:id:yuki-violine:20190715005650j:image

ドイツ生まれのケーテン住みでしたワタクシ「うちのセバスチャン」がお送りするケーテン案内その②です。

 


f:id:yuki-violine:20190715005627j:image

ここはケーテン城、友人でもあった領主レオポルドの宮廷で、つまりかつての職場です。


f:id:yuki-violine:20190715005740j:image

自然に囲まれた美しい城です。



f:id:yuki-violine:20190715010111j:image
ここがケーテンでのワタクシ「セバスチャン」の家。

演奏旅行から帰ったら最初の妻バルバラが亡くなっていて、悲しい思い出がございます。

その悲しみをワタクシ、シャコンヌを含む無伴奏ヴァイオリン曲に込めまして、何か当時はあまりヒットしなかったのですがここ100年位でリバイバルしたとか。

閑話休題

今はフツウのアパートになっておりまして、爆音でTV番組が聞こえてきますが…

 


f:id:yuki-violine:20190715010210j:image

ケーテンは小さな街ですが、このような美しい建物がたくさん集まっていますよ。

 


f:id:yuki-violine:20190715010239j:image

ここはファシズムの犠牲者の記念碑です。

 



 


f:id:yuki-violine:20190715010335j:image

こちらホテルアンハルト。

駅と観光スポットの間にあり、便利でスタッフが大変良心的です。日本から来たドイツ語をすっかり忘れた観光客が予約トラブルがあった時にも親切に対応してくれ助かったとか。
f:id:yuki-violine:20190715011331j:image

この街に住んでいるかのような窓の外。

朝食のカリカリベーコンが評判です。

ケーテンにお泊りの際は、オススメしますよ。

 

明日はワタクシが日本から来たヴァイオリン弾きをアイゼナハへ案内致します。

 

ワタクシの傑作シャコンヌ、もっと勉強してほしいものですね。

 

 

 

 

はい(寸劇終わり)。

 

と言う事で道連れになりました「うちのセバスチャン」です。今後ヴァイオリン独演会に出没します。

 

ドイツ製なのが気に入りました。服のツギハギまで再現してあって泣けます。

 

 

YukiTAKUBO; Violine