ヴァイオリニスト田久保友妃のブログ「四絃弾き。」

関西を中心に演奏活動をしているヴァイオリニスト。「生演奏を身近に」をモットーに、バッハのシャコンヌなどクラシックのヴァイオリン独奏からジャズまでの幅広いレパートリーを活かした「ヴァイオリン独演会」シリーズを全国各地で展開中。2017年ソロアルバム「Around the World」リリース。

2019.07.16.【ドイツにある赤と緑のアレ】チェコ・ドイツ日記⑬

Meine Damen und Herrn!

セバスチャンです。

 

ワタクシと四絃弾きは今朝アイゼナハを発ち、ドイツを後にチェコプラハへと向かいました。

 


f:id:yuki-violine:20190716212443j:image

こ、これがDB!


f:id:yuki-violine:20190716212442j:image

ワタクシの職場その3のライプツィヒ、一大ステーションになっておりました。

 

一泊すれば一路日本へ。ということで、四絃弾きはそろそろ帰り支度にかかっております。

 

彼女の旅の荷物はこれだけ。

f:id:yuki-violine:20190716153430j:image

機内持ち込みサイズのトランクに、ワタクシが乗っております手提げ鞄、楽器、ボディバッグ。

割と身軽な方だと言われるそうです。

それも、赤いトランクの中身は殆ど楽譜とお土産で埋まっており、「奇跡的に蓋が閉まったからもう日本に着くまで開けない」そうでございます。

 

プラハと飛行機での生活用品は手提げ鞄におさめたようです。

 

かつては彼女の旅支度のトランクはもっと大きかったそうですが、石畳や階段を一人で持ち運べる限界がこの大きさのトランクだと気付いたらしいです。

 

そこで小分けにして小さくまとめており、移動の際は「荷物は4つ」と常に意識して置き忘れないようにしているとか。

ボディバッグ、ヴァイオリン、手提げ、トランク、1234、と確認する訳ですね。

 

彼女の旅支度を身軽にしている一つの要因はコチラ。


f:id:yuki-violine:20190716153957j:image

我がドイツの至るところにある、服専用のコンテナでございます。

 

この服にまだ着られるけどももう要らない服を入れておくと、赤十字が回収し、セカンドハンドで得た利益我福祉に使われるという仕組みでございます。

観光地にはあまりありませんが、住宅街を少し探すとたくさんございます。赤の他に緑もございます。

 

四絃弾きは日本でもう着なくなった服を貯めておいて、ドイツへ来るときの半分をそこから選び帰りはこのコンテナに入れて行くということ。服というのは意外と嵩張るもので、その空いたスペースに新しく買った楽譜やお土産を詰めて帰るのだそうです。

 

なので写真で着ている他の手持ちの服は三宅一生のシワにできる服と、ペトラ・ノボトニアに貰ったブルノのTシャツ程度だとか。それと彼女が編曲に使っているノートパソコンと、洗面用具が手提げ鞄に入っているそうです。

 

「旅行中は例え1ミリ、1グラムで軽くするのがモットー」と偉そうに言っていた彼女でしたが、ドレスデンで乗り継ぎを待つ間に靴を買っておりました。どの口が言うものか……。

 

プラハ中央駅に着いたら、駅からすぐのホテルにチェックインしてなにやらこんなことをやらされました。

 

f:id:yuki-violine:20190717035037j:plain

この図を撮りたいがためにこのホテルにしたらしいです。


f:id:yuki-violine:20190717040240j:image

外観は古き良き石造りのアルトバウなのに、このブルーマンというのが外壁に引っ付いていたり入口に陣取っていたりするアートなホテルなのです。


f:id:yuki-violine:20190717040252j:image

部屋の壁は路線図になっていて便利です。

 

その後、楽譜屋が18時で閉まると知り急いで市電に乗り、楽譜店へ。


f:id:yuki-violine:20190717040311j:image

スメタナやスークなど、チェコの音楽家の楽譜をたくさん買っていました。

 


f:id:yuki-violine:20190717040327j:image

地下鉄の駅にあった、花束の自動販売機です。

これは思い立ったらいつでもプロポーズできるということでしょうか。

 

その後、日本でもまだ体験したことのないヴァーチャルリアリティが体験できるというTHRILL PARKへ。

 


f:id:yuki-violine:20190717040451j:image

かなり疲れておりました。

「楽しかったけど本気で疲れる。あと終わってからしばらく世界が仮想に見えてちょっと怖い」そうです。

 

明日は飛行機までの間、のんびり城を散策したいそうです。

 

おわり。

 

YukiTAKUBO; Violine

いやぁ本気で疲れました、バーチャルリアリティ

明日は自然を堪能したいかなと…

2019.07.15.【セバスチャンのアイゼナハ案内】チェコ・ドイツ日記⑫

Meine Damen und Herrn!

四絃弾きの旅の道連れ、セバスチャンです。

 

我々は今朝ケーテンからワタクシの生まれた街アイゼナハへやってまいりました。

今はICEという電車が走っていて2時間で着くのですね、オドロキです。

 

四絃弾きはホテルに着くなりロビーの階段の美しさに見惚れておりました。

f:id:yuki-violine:20190716023808j:plain


ホテルのフロントに「仕事で弾いてる者なので」と言って許可を取って弾いておりました割にはビミョウなクオリティでした。「ケーテンでの2日間の練習不足のせい」と言い訳しておりましたが、ワタクシも階段で聴いているのですからもう少しましな演奏をして欲しいものです。

 

まあ思い出が出来て良かったですね。f:id:yuki-violine:20190716031512j:image

このホテルにはトルストイも泊まったのですよ。

 

 

その後、ワタクシの生家ということになっておりますバッハハウスへ。


f:id:yuki-violine:20190716031617j:image


f:id:yuki-violine:20190716031452j:image

ただいまでございます。


f:id:yuki-violine:20190716031637j:image

素敵な庭でしょう。

 

でも実はこの家、ワタクシの親戚は少なくとも住んでおりましたがワタクシが生まれたかどうかは結論が出ていないのです。ワタクシですか、いや300年以上も昔のことは忘れました。ハハハ。アイゼナハで生まれたのは確かです。


f:id:yuki-violine:20190716031844j:image

しかし、ライプチヒから持ってきたこの扉は本物でワタクシが毎日通っていた扉です。

 



f:id:yuki-violine:20190716031737j:image

ワタクシの像が色々あります。実はどれもあまり似ていません。それを検証するために1894年にはワタクシの頭蓋骨が掘り起こされまして、それから鋳型が作られたときには思わず「何してくれとんねん」と思いました。


f:id:yuki-violine:20190716031756j:image

ワタクシの息子。優秀な音楽家がたくさんおりましてね。


f:id:yuki-violine:20190716031942j:image

パッパ!

 

ワタクシ(注・ヨハン・セバスチャン・バッハ)の父はアイゼナハの街の音楽長でございまして、その仕事はというと毎朝市庁舎からラッパを吹くことでした。

四絃弾きはそれを聴いて「パズーか!」と突っ込んでおりましたが、何のことやら。


f:id:yuki-violine:20190716032004j:image

ここがパッパの職場だった市庁舎。


f:id:yuki-violine:20190716032022j:image

市庁舎の向かいにある薬局は1585年、つまりワタクシの生まれる100年前からあるそうです。ということは、ワタクシのパッパなりママなりが、ここでちょっとした薬を買ったかもしれない訳ですね。

と気づいたら四絃弾きはこの薬局で何か買いたくなったらしく閉店間際に飛び込んでおりました。が、dmやマツモトキヨシとは違ってこうした薬局は入店と同時に「Was darfst sein?」とキツめの問いが飛んで来ます。


f:id:yuki-violine:20190716032039j:image

咄嗟に「喉が痛いからのど飴くれ」と言ってすごいブルーののど飴を買っていました。のど飴なのに「大事にとっておく」そうです。「ヨハセバちゃんだって子供の時にのどが痛いとかいってここで薬をパッパが買ってきてくれたかもしれんやん」ということです。のどは痛くないそうです。

 

四絃弾きはやたら「~やん」「~せえへんわ」といった訛りの強い言葉を使いますが、郷土愛というものだそうです。(「京都も良いけどコテコテの大阪も慣れたらハマるで!」とのこと。そんな土地の大学で音楽を学んだそうですが、はてさて)

その気持ち、ワタクシも分からないではありません。ワタクシは生まれ育ったアイゼナハ人を死ぬまで自称しておりました。ライプツィヒでは市民権を取得しなかったのです(※バッハハウスに記載あり)

 


f:id:yuki-violine:20190716032100j:image

さてバッハハウスではしばし一緒にワタクシの作品を鑑賞しましたが、この椅子は素晴らしい……、日本にもMUJIとかいう店に人間をダメにする椅子とやらがあるようですが、これはまさにドイツ版。f:id:yuki-violine:20190716032116j:image

 


f:id:yuki-violine:20190716032137j:image

四絃弾きが寝かけたので、カフェで珈琲を頂くことにしました。ちなみにワタクシも珈琲は大好き。カンタータにもしました。

f:id:yuki-violine:20190716032153j:image

これは珈琲豆。それにカンタータと名付けるとは、ワタクシのファンなら思わず買ってしまう上手いネーミングです。

 

入場券には一回ずつ、古楽器のレクチャーコンサートがついて参ります。f:id:yuki-violine:20190716032234j:image

なかなか熱心にワタクシの作品を勉強している青年が、ミニパイプオルガン、スピネット、チェンバロ、足踏みオルガンの4種の鍵盤を弾き比べてくれます。

四絃弾きは「音ちっさ!」と思ったらしいですが、ワタクシはこうした楽器を使って作曲しておりました。

演奏には大変満足しておりました。誠実な上にそれぞれの楽器の特性と制限がよく分かる演奏で、勉強になったそうです。

 



f:id:yuki-violine:20190716032527j:image

バッハハウスを出まして、近くのルターハウスに行ってみます。


f:id:yuki-violine:20190716032553j:image

聖書をドイツ語に訳したあのマルティン・ルターアイゼナハ時代に寄宿していたコッタ家と一部を増築したもので、15世紀に建てられたコッタ家は窓ガラスが特に興味深いものが使われています。


f:id:yuki-violine:20190716032609j:image


f:id:yuki-violine:20190716032625j:image

ルターにはワタクシも多大な影響を受けまして、ルター&バッハの名義となるカンタータを視聴できるコーナーございます。

なぜかこのショップには「ルターソックス」なる靴下がバリエーション豊富にありまして、これまた何故か「自分用」に買っておりました。謎です。


f:id:yuki-violine:20190716032640j:image

 

 

♪ ♪ ♪

はい(また寸劇終わり。三人称だと書きやすいのです)。

 

という訳で、久しぶりのドイツ旅行は全てバッハ巡りとしました。

ケーテンは地球の歩き方にすら乗っていない街で、またドイツも久しぶりで不安もありましたが、どちらも訪れて本当に良かったなと思う街でした。

 

何より私の中のバッハ像が完全に変わってしまいました。

10年ほど前に、バッハの聖地ならここでしょう! とばかりライプツィヒをバッハフェストの時期に訪れまして、熱狂の中でバッハのロ短調ミサを鑑賞しました。

そこで見たバッハ像は「音楽の父」「偉大なるバッハ」であったと思います。

が、「事情さえ許せばずっとここに住みたかった」ケーテンという本当に素朴な街、豪奢というよりは自然公園のような宮殿を見て、バッハが大都会の商業都市での成功よりはこのような緑豊かな土地で、お気に入りのスピネット(とても小さい可愛い音の鍵盤楽器です)に向かって作曲を続けたかったのだと感じました。

プラハやブルノでは朝、教会の鐘の音で目を覚ましていましたが、ケーテンでは鳥の鳴き声(さえずりというよりはわめき声といえるくらい)で目を覚ましていました。バッハもそうだったのではないでしょうか。

より、バッハという人の自然への愛着や素朴の生活を垣間見た気がします。

本当に来て良かったです。

 

セバスチャンという道連れもできましたし笑

 

明日はプラハに戻って、その後飛行機で日本へ帰ります。

 

ドイツで遊びすぎてせっかくチェコで上達した腕が鈍りました笑 が、それはそれで大きな収穫でした。

 

YukiTAKUBO; Violine