ヴァイオリニスト田久保友妃のブログ「四絃弾き。」

関西を中心に演奏活動をしているヴァイオリニスト。出演情報と、音楽について、また練習方法をレポート中。野球が好き。たまに断捨離。

山村美紗サスペンス

3月23日20時~の「山村美紗サスペンス・京都~神戸プロポーズ殺人事件」に、我がホームグラウンドPiano Pub ふら~っとホームがバンド込でエキストラ出演していました。

 

f:id:yuki-violine:20170324124503j:plain

 

放映日時を知らされていなかったので、営業中にお客様から「出てるよ~」とメール頂き後から知りました(^^;)

 

この「狩谷親子シリーズ」にはご縁があり、ふら~っとホーム何回かロケ協力しているのですが、毎回ロケーションが違うので再放送されるたびにお客様から「大阪に店出したん?」「前は先斗町でやってたん?」と聞かれます。

実際には全部四条大宮のお店で撮っているので内装は全部一緒笑 なのですが、山村美紗の世界ではふら~っとホーム、先斗町・大阪・そして今回は神戸の南京町にも店舗がある設定になっています。

 

南京町にふら~っとホームというジャズ喫茶はなく、またジョンという怪しいサックスプレイヤーも雇っておりません笑

 

この場面、ほんの数秒ですが監督さんがジャズ好きなのでしっかりと音も使っていただいており、なおかつ原田龍二さんに怪しい男の存在を聞かれ指さしているのが母です笑

母が留守の間に監督さんが見えて、「ママにその役頼んどいて」と言われてOKしちゃいましたので当日母困惑。

私からしたら羨ましい役どころです。

原田さんはスタイルも良く顔が小さくて、なおかつ誰に対してもとても丁寧な方でした。

 

今回は事前告知できませんでしたが、山村美紗サスペンスはよく再放送がありますので「プロポーズ殺人事件」、ぜひチェックしてみてください。

 

狩矢父娘シリーズ - Wikipedia

 

YukiTAKUBO; Violine

2017.03.19.【ふら〜っとホーム】独演会&映画音楽

ようやく春らしい陽気となった19日の日曜日は、ふら~っとホームで昼と夜の二本立てでした。

 

昼の部、クラシックマチネーvol.12『ヴァイオリン独演会』。

f:id:yuki-violine:20170320010926j:image

 ヴァイオリン一本での独奏スタイルは、出張演奏などでは良く行っていますが自主的に演奏会として企画するのは2回目。

無伴奏ヴァイオリンのためのオリジナル作品は演者も聴衆も緊張するものですが、それとお客様参加企画を同時に盛り込んで、様々な角度からヴァイオリン独奏と生演奏を布教するのが目的です(^^)

今回は張り切ってバッハの無伴奏ソナタ第一番全曲、イザイの無伴奏ソナタ第三番「バラード」を入れました。

さすがにめっちゃ緊張しましたが、練習した分のことはできたかなと思います。

ひたすら緊張と戦うのではなく、緊張しつつも音楽そのものと向き合えた本番でした。

お客様参加企画もとても楽しかったです。

ただ聴いて頂くだけでなく、リクエストしたり、その場のお客様と一緒に考えて作るステージが好きなのでこの企画は更にバージョンアップできるようにして続けたいと思います。

 

そして、一休みして夜の部の映画音楽ライブ。

f:id:yuki-violine:20170320165533j:image

昼に引き続き当日2回目のチャイコフスキーの協奏曲第3楽章。

北京ヴァイオリン』にちなんでチャイナ服。

1日に二回弾く曲ではないなと思いました(燃え尽きた)。

 

その後ピアノ・ヴォーカルも加わり懐かしの映画音楽を。
f:id:yuki-violine:20170320165544j:image
衣装が変わったのは休憩時間にソーダ水を引っ被ったからです笑

昼の独演会も、夜の映画音楽もそれぞれ予想以上にたくさんのお客様に聴いて頂けてとても嬉しかったです。

 

録音の仕事もしていますが、やっぱり聴いて欲しい・伝えたいのは生演奏の魅力です。

それを求めて足を運んでくださるお客様があり、本当に幸せです。

 

ありがとうございました♪

 

 

YukiTAKUBO; Violine

橋本洋無伴奏ヴァイオリンリサイタル

学生の頃から何度も演奏させて頂いている京都文化博物館

 

今回は聴きに行きました。


f:id:yuki-violine:20170312193906j:image

f:id:yuki-violine:20170312193912j:image

1月のチョン・キョンファに引き続き、バッハの無伴奏演奏会です。

 

自由席のため、せっかくなので最前列の真ん中という特等席に。

演奏者としては「えっ」て席なのですが、前日にレイ・イワズミさんや佐久間聡一さんの素晴らしい音を特等席で聴いたので、今回はバランスの良い席よりも少しでも近くで聴きたくて。

 

プログラムはパルティータ3番から始まり、ソナタ2番、休憩をはさみシャコンヌを含むパルティータ2番。

 

ホ長調のプレリュードが始まってすぐにつやつやした重厚な音色に魅了されました。

文化博物館は天井が高い吹き抜けで響きも充分、無伴奏作品にはぴったりです。

 

で、やっぱりパルティータの3番は演奏会の始まりにはぴったりだな〜、と。

 

自分のバッハに対する新たな考えが浮き彫りになった部分や、悩んでいたことのヒントになったり、たくさんの物を頂きました。

 

 

いつもお世話になっている博物館のTさん、ありがとうございました、お疲れ様でした!

またお世話になりますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

 

YukiTAKUBO; Violine