ヴァイオリニスト田久保友妃のブログ「四絃弾き。」

関西を中心に演奏活動をしているヴァイオリニスト。「生演奏を身近に」をモットーに、バッハのシャコンヌなどクラシックのヴァイオリン独奏からジャズまでの幅広いレパートリーを活かした「ヴァイオリン独演会」シリーズを全国各地で展開中。2017年ソロアルバム「Around the World」リリース。

原点

フルートの深江君と。
f:id:yuki-violine:20180730232821j:image

これは、先日の京都市サブウェイでのチャリティに追加公演…

 

ではなく!

6年前、2012年の夏にウィーンのプラーター駅でストリートをさせて貰った時の記念写真でした。

その前にもドイツやイタリアでストリートに寄せて貰ったことはありましたが、その時は現地のミュージシャンとの対話が斬新でそれしか覚えていない(^_^;)

 

なので、初めてストリートというシチュエーションで、コンサートホールみたいに最後まで聴く必要はなく、良いと思った時だけ足を止める、という通行人の反応を楽しむことができた原点はこの時のウィーンだと思います。

 

 

 

 

YukiTAKUBO; Violine

 

9月には今年3回めのこんな独奏も

f:id:yuki-violine:20180731180935j:plain

2018.07.29-30.【西日本豪雨災害チャリティーコンサート】京都市サブウェイ

普段は「ヴァイオリン独演会番外編」としてヴァイオリン独奏の試行錯誤の場としている京都市サブウェイパフォーマーの会場。

 

音大の後輩にあたり、家族ぐるみで親しく付き合っているフルーティスト深江亮太君の熱意により、豪雨災害チャリティーとして共演が実現しました!


f:id:yuki-violine:20180730205836j:image


f:id:yuki-violine:20180730231200j:image

2日間4回のステージでした。※共演にあたり、事前申請により京都市営地下鉄の許可を取っています。


f:id:yuki-violine:20180730231534j:imagef:id:yuki-violine:20180730231603j:image

 

深江君の素敵なフルートの音色に誘われ、たくさんの方にお集まり頂き、募金もこんなに集まりました。


f:id:yuki-violine:20180730161144j:image

合計17930円。

こちらは日本赤十字社を通して義援金として被災地に届けられます。

今後も複数のチャリティが決定している深江君に託しており、改めて報告させて頂きます。

f:id:yuki-violine:20180731180840j:plain

 

まだまだ被災地では日常生活もままならない状況の方がたくさんいらっしゃるようです。

現地で音楽の力が必要になるのはまだ先のことかもしれませんが、音楽家も、音楽愛好家も、それぞれが楽しむことで復興の力になれたらと思います。

 

 

YukiTAKUBO; Violine