ヴァイオリニスト田久保友妃のブログ「四絃弾き。」

関西を中心に演奏活動をしているヴァイオリニスト。出演情報と、音楽について、また練習方法をレポート中。野球が好き。たまに断捨離。

京都府民ホール・アルティに打ち合わせに行きました。

台風が接近していますね。

京都も朝晩風が強く、交通に影響も出ているとのこと。

怪我などないよう、皆様お気を付け下さい。

 

さて、10月4日のリサイタルも迫って来ました。

f:id:yuki-violine:20150802000833j:plain

 

アルティでは1ヶ月ほど前に、舞台設営や照明などの打ち合わせを設定して頂けます。

 

ピアノの父と、今回経理もマネージャーもすべてやってくれている母と3人で伺いました。

 

まずは音響のスタッフさんと、1時間ほどかけて打ち合わせ。

 

アルティは舞台も客席も様々に形状を変えることができるので、可能性がいっぱい。

 

f:id:yuki-violine:20150825194253j:plain

 

その中でも、今回は第一部はクラシックでヴァイオリンとピアノのデュオ、第二部はそれにエレキベースとドラムが加わるので、反響板やPAをどうするか…

 

ジャズに慣れた父は第一部もヴァイオリンにマイクスタンドを立てるのはどうかと提案しましたが、私が第一部は生音で弾きたいし、マイクスタンドに動きを制約されたくないという注文を付け、難航。

 

所が、ベテランのスタッフさんが反響板を使って第一部は完全アコースティックで演奏でき、その音響を活かしつつ第二部ではマイクを入れられる舞台形状を提案してくださり、めでたく決定しました。

 

ベテランというのは凄いです。

 

その後は、練習室やホールも見せて下さるというので、

 

f:id:yuki-violine:20150825194254j:plain

もちろん入らせて頂き、イメージトレーニングとして客席を観た風景を目に焼き付け、音響も体感してきました。

 

手を叩くと、ぱーん、と小気味よい乾いた音が響きました。

 

「これはニュートラルの状態ですので、本番はもっと響きますよ」

 

との楽しみな言葉も。

 

お客さんとしては何度も足を運び、子供の頃のコンクールか発表会か何かでは舞台に立ったこともあると思うのですが…(記憶にない)

 

10月にはこの舞台に立って演奏するんだなあ。

 

とってもワクワクしてきました。

 

また、最近第二部のバンド練習も始まりました。

(※チラシとベースのメンバーが変更になっています)

期待の若手ベーシスト磯部直樹君と、穏やかな人柄が演奏にも表れているドラムの安川和博さん。

 

バンドのサウンドはばっちりです(^^)

 

そしてお二人ともとても熱心に練習してくれているので、10月にはセッションとはまた雰囲気の違う、練りに練った演奏をお聴き頂けるのではと思っています。

 

チケットは予約して頂くと前売り料金になります。

アルティのメイトの方はアルティに連絡して頂くとメイト割引適用されます。

 

ぜひお誘い合わせください(*^_^*)

 

 

YukiTAKUBO; Violine